WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル岡山県

メガソーラー候補地20カ所を公表

 岡山県は、このほど、誘致を目指しているメガソーラーの設置候補地として20カ所(9市町)を公表した。

 内訳は県有地5カ所、市町・民間の未利用地が15カ所。敷地面積は1.8~222ha。県企業立地推進課のホームページに詳細を掲載し、6月8日まで事業者からの応募登録を受け付けている。

 県は2020年までに10件のメガソーラー誘致を目標とし、1カ所当たり1MW以上の発電能力を備える大規模太陽光発電所を設置した場合、公表候補地は1MW当たり2000万円(限度額1億円)、候補地以外は同1000万円(同)の補助制度を設けている。

本誌:2011年5.23号 17ページ

PAGETOP