WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル岡山県備前焼陶友会

会員の作品を入札で販売 収益を大震災の義援金に

  • 熱心に品定めする来場者

 (協)岡山県備前焼陶友会(寺崎和男会長)は、5月3日、備前市伊部1657-7の備前焼伝統産業会館で、オークション形式の備前焼チャリティー展を開催。収益金を東日本大震災の被災地への義援金などに充てた。

 国指定重要無形文化財保持者(人間国宝)の伊勢崎淳氏をはじめ、同会所属の作家、窯元ら170人が、花入れや食器、置物など700点を出展。最低落札価格は市価の約3分の1で、来場者は作品を熱心に見比べながら思い思いの金額を書き込んで入札していた。

本誌:2011年5.23号 20ページ

PAGETOP