WEB VISION OKAYAMA

かがやくひと山陽保険センターグループ

役立っていると実感し毎日が充実 相談者目線での対応を徹底

  • 左から 福間理乃さん、吉田弥生さん、岡崎友愛さん

 創立25周年を迎えた保険代理店㈱山陽保険センター(岡山市)グループから3人を紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・

 事務兼営業の岡崎さんは、「お客様に近い場所で仕事がしたい」と生命保険会社の内勤から転職。どう役に立っているのか実感でき、毎日充実しているそうです。客の要望に応えられる保険商品を提案するため、保険関連の資格試験の勉強に励むほか、「分かりやすく伝えるためのポイントを知ることができる」と、一般向けの保険関連書籍を週に2冊以上読破する頑張り屋さんです。

 福間さんは事務担当。保険手続きなどを担い、すでに資格を取得するなど保険の知識も豊富です。問い合わせに応え、特約などを提案することも多く、「自分に置き換え試算する」など、相談者目線での対応を徹底しています。お勧めは賠償責任保険。個人の場合年間2000円程度の負担で数億円の賠償に対応でき「万が一の場合頼りになる優れもの」と教えてくれました。

・・・・・・・・・・・・・・・

 吉田さんは、総務中心に全体の経理などを担当。目標は「てきぱきと業務をこなし、突発的な事態にも冷静に対処できる同じ部署の先輩のような“できる人”」。さらに、自動車販売店に勤めていた際保険を取り扱ってきた知識を生かし「経理にとどまらず役立てることがあれば何でも挑戦していきたい」と意欲を見せます。

取材メモ:「複数の保険会社の商品からプロがあなたに合った保険を提案します」と同社。ささいなことでも相談に応じます。社屋はカフェのような雰囲気で、3匹のマスコット犬が出迎えてくれます。

PAGETOP