WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル岡山臨港

新岡山港に倉庫2棟完成 日通に賃貸し5月末稼働

  • 天井高約10mの新倉庫

 倉庫・運輸の㈱岡山臨港(岡山市南区海岸通2-1-16、黒田益次社長、資本金9800万円)は5月6日、新岡山港周辺に倉庫2棟を完成、運輸大手の日本通運㈱(東京都)に賃貸する。

 岡山市中区新築港6-6の新岡山港第2基地敷地内に建設。鉄骨平屋の2棟(計2975㎡)の規模。両倉庫ともに天井高約10m。投資額は非公表。

 同基地内の既存倉庫2棟(1883㎡)と合わせ一括賃貸するもので、日本通運が5月末までに利用を開始する予定。岡山臨港では倉庫37棟を運営しており、ほぼ半数を賃貸している。グループの岡山臨港倉庫運輸㈱(同所)と合わせた社員数は72人で、年間売上高約14億円(2011・3期)。

 岡山臨港は創立60周年を記念し、年内にも岡南地区の小・中学校6校に書籍150万円分を寄贈する。同50周年から5年ごとに実施しており3回目。

本誌:2011年5.23号 8ページ

PAGETOP