WEB VISION OKAYAMA

ニューフェイス(株)アス最高執行責任者(COO)・副社長 頼正 康生 氏

組織体制中心に土台づくり 失敗しても挑戦する姿勢を

 「組織体制の確立を中心とした土台づくりに努めることが役目。がむしゃらに職務を果たしたい」―。9月22日付で最高執行責任者(COO)・副社長に就任した。全国的にCOOポストは社長というケースが多いが「肩書きにこだわりはない」。グループ代表の前坂匡紀氏が最高経営責任者(CEO)と兼務していたが、改革のスピードアップを狙い、COOポストを外れた。同氏の意向を受け「基礎固めとスピード」をキーワードに挙げ、全力投球する。

 今年から決算期を7月から3月に変更。16年3月期決算の売上高は6億3000万円(8カ月決算)。出版部門と、採用情報、人材紹介などの人材部門が2本柱。主力の「月刊タウン情報おかやま」は月間約5万部を発刊。最近はフリーペーパーが普及し、取引先が重なることから、シェア争いは過熱している。同社でもフリーペーパー「ルクポン」を発行しているが大手の攻勢に加えて少子化も懸念材料で「フリーペーパー、タウン情報ともに特化性が必要」と力を込める。一方“大人向けタウン誌”として発刊した「オセラ」の拡販に注力。認知度の向上に努め、早期の1万部達成を目指す。

 長年勤めた百貨店業からの転身。出版業という異業種に身を投じ、間もなく3年が過ぎるが「扱うモノは商品と情報で異なるが、営業や顧客との接し方など商売の基本は同じ」ときっぱり。むしろ「固定観念がない分、客観的に見ることができ新しく気付く部分もある」と言う。社員には「たとえ失敗しても『やらない』とは全く異なる。どんどん挑戦することが自身の成長にもつながる」とアドバイスする。

 よりまさ・やすお 小田郡矢掛町出身。昭和42年慶応義塾大学経済学部を卒業し(株)天満屋入社。岡山店副店長、取締役本社人事・総務担当などを歴任。平成13年11月アス入社。前職は監査役。和気郡和気町の自宅で義母、純子夫人(60)と長男の4人暮らし。子供は1男2女。61歳。

本誌:2004年10.11号 41ページ
関連リンク:アス

PAGETOP