WEB VISION OKAYAMA

話題岡山一番街

県下最大級の大型ビジョン 映画、音楽などの情報発信

  • 1.6m×6.6mの大型ビジョンで最新情報を提供

 JR岡山駅地下街の岡山一番街((株)岡山ステーションセンター運営)に大型ビジョンが登場。10月1日からテナント紹介や音楽情報、最新映画情報などの放映を開始した。10歳代、20歳代の女性買い物客を中心に注目されており、情報発信基地として新たな魅力が加わった。

 岡山駅側の中央階段踊り場に設置。大きさは縦1.6m、横6.6m。最大16画面に分割し放映できる最新鋭の設備で、県下最大級の規模という。

 大型ビジョンでは、岡山一番街のテナントやイベント情報に加え、情報発信基地として最新の映画や音楽情報、ニュースを発信。岡山駅に隣接することから、県下観光情報なども放映する。有料CMも募集している。放映時間は午前7時~午後9時。

 フルカラー43億色の高精彩表示、複数動画同時再生など高機能なビジョンで、総事業費は1300万円。設置会社は(株)コスモ情報システム(玉野市)。

 1日約2万5000人が通行しており、音楽、映画情報には立ち止まり眺める女性も多い。今後、新たなスポットとして大型ビジョンの愛称を公募することにしている。

PAGETOP