WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル岡山県石油商業(協)

安全確保へ県下GS団結 「かけこみ110番」発足式

  • GSの特性生かし地域貢献

 岡山県石油商業(協)(岡山市上中野1-19-48、理事長・木村容治玉野石油(株)社長)は、9月29日、同所の岡山石油会館2階で、「かけこみ110番」発足式を行った。同組合加盟のガソリンスタンド(GS)約800カ所に緊急連絡所「かけこみ110番」を設置し、安全で安心な生活ができる地域社会の実現を目指す。

 発足式には関係者ら約40人が参加。木村理事長が「公道に面し夜間でも明るいというGSの特性を生かし、地域に貢献できる運動を」とあいさつした。

 正式スタートは10月1日で、県下全域の加盟店に「GSかけこみ110番」と記載した長さ約2mののぼりを掲出、ポスターも掲示した。

 加盟店では事故に遭遇したり、犯罪に巻き込まれそうになって困ったときなど地域住民を保護し、関係機関に至急連絡する。組合では対応マニュアルを配布しており、それに従い迅速に対処する。

 同運動は岡山県警察本部と岡山県教育委員会、岡山県消防長会が後援。 副理事長で地域貢献推進専門委員長の狩野良弘赤澤屋(株)社長は「今後の取り組み、スタッフの意識が問題となる。救命救急法の習得、防犯訓練の実施など充実させたい」と意欲を見せた。

本誌:2004年10.11号 17ページ

PAGETOP