WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルゼノー工具

ISO9001認証を取得 役割明確化し組織強化

  • 特注品が大半を占めるゼノー工具

 切削工具など製造のゼノー工具(株)(岡山市豊浜町10-32、宗田忠道社長、資本金1000万円)は、9月1日付でISO9001(2000年版)の認証を取得した。

 認証範囲は、製造部第1工場での切削工具、プラスチック切断刃などの設計・製造と付属部品の仕入れ販売など。認証機関は高圧ガス保安協会ISOセンター(東京都)。内部品質監査員は7人。

 取得の目的は、品質保証体系を確立し、より品質の良い製品の提供と、マニュアル化による技能アップ、相互の連携強化と役割分担の明確化による社内組織の確立。

 平成15年7月から取得に向けた準備を開始。同9月のキックオフ宣言から1年での取得だった。今後、名古屋営業所での業務についても同認証取得を目指す。

 同社は従業員53人。年間売上高は5億6300万円(15・11期)。付加価値の高い特注品を多く手掛けるため景気に左右されず、増収基調にある。

本誌:2004年10.11号 15ページ

PAGETOP