WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル日立ハウステック西日本

新ショールームオープン 2.5倍にし展示品豊富に

  • 次世代体験型のショールーム

 浴室、厨房、給排水設備など住宅機器販売の(株)日立ハウステック西日本(大阪府茨木市美穂ヶ丘5-3、星田慎太郎社長、資本金6000万円)は、10月8日、岡山市平田102-105に新ショールーム「リビングセンター岡山」をオープンした。

 新ショールームは、ディスカウントストア「ディオ岡山西店」の西に立地。1407平方メートルの敷地に、鉄骨2階(延べ660平方メートル)の規模。1階がショールームで、2階は岡山営業所の事務所、会議室など。来客用駐車場は16台分。

 事務所、ショールームが手狭になったため岡山市西市301から移転したもの。事務所、ショールームとも約2.5倍に拡充した。一方、在庫を持たず、福山の工場から受注に合わせ納入することから倉庫は併設しなかった。

 住宅機器業界では、住宅のリフォーム需要の拡大に伴い個人客の来店する割合が高まっておりショールームの重要性が向上。好みのシステムキッチンやバスタブに合わせリフォームの計画を立てる顧客も増えているという。

 ショールームは、システムキッチンコーナーやシステムバスルームコーナー、理想の居住空間を実現したモデルルーム、ゆとりの商談ルームの4区画に分け、ユニットバスやシステムキッチンを中心に展示。柄、色などのサンプル品もバリエーション豊かに揃えている。最新の設備を取り扱い、体験コーナーを設け、見て、使って、体感できる次世代体験型のショールームとした。岡山営業所では「週末の来場組数は1日平均で15組前後だったが、今後25組程度に増やしたい」(小野晋輔営業所長)と期待している。

 ショールームの営業時間は午前10時~午後5時。年末年始、ゴールデンウイークなどは休館するが原則無休。ショールーム専用の電話番号は岡山245-2604。

本誌:2004年10.11号 8ページ

PAGETOP