WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルアイシーエム、グーズグー

地域情報を携帯に配信 広告費削減にも寄与

 広告代理店の(株)アイシーエム(津山市大手町6-5、治徳修治社長、資本金1000万円)とシステム開発のグーズグー(株)(岡山市柳町2-4-23、岡田誠社長、資本金100万円)は、このほど、津山市内の地域・店舗情報を携帯電話に無料配信するサービスを開始した。

 携帯ユーザーが、市内約130店舗の新商品やキャンペーン、クーポンなどを無料で検索利用する仕組み。QRコードや空メールで専用サイトにアクセスし、「食料品お買い得情報」「お食事・グルメ」「雑貨小物・インテリア」など24カテゴリーの中から選択。毎週金曜日に最新情報が送信される。

 広告主は1週間ごとに原稿の更新が可能。料金は月額3000円からで、フリーペーパーに比べて割安なのが特長。アイシーエムは売り上げの20%をグーズグーに支払う。

 グーズグーは「モバイルメールタウン」の商品名で、県内外の広告代理店に提案。システム構築費用は46万8000円からで、サーバー利用料は月額1万3000円。全国100地域で導入し、年間売上高は6000万円を目指す。

 岡田社長は「携帯の画面上で最新情報やバックナンバーも見られる。30代女性のニーズが高く、紙媒体よりも低コストで高い宣伝効果が得られる」としている。

PAGETOP