WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル大和リース

軽量鉄骨プレハブの展示場 岡山西バイパスにオープン

  • モデルハウスの建設が進む展示場

 大和ハウスグループの大和リース(株)岡山支店(岡山市今6-20-13)は、5月中旬、岡山市田中623-4に軽量鉄骨プレハブ建物の展示場「岡山西バイパス展示場」をオープンする。

 約730平方メートルの敷地に、美装を施した事務所・店舗用建物「ダイワパートナーオフィス」(40平方メートルタイプ、283万5000円)をはじめ、2階建て事務所、小型建物などのモデルハウス10棟を展示する。年中無休。営業時間は午前10時~午後6時。同展示場で年間2億円の売り上げを目指す。

 十日市展示場(同市)を移転開設するもの。担当エリアは岡山市以東。工場向けモデルも揃える大型の倉敷水島展示場(倉敷市)と連携し、リース、新築物件の販売、施工に注力する。

 同社は、4月1日、大和工商リース(株)から社名変更。軽量鉄骨プレハブ建物のリース、販売、施工のほか土地活用事業など展開している。プレハブ事業は、工事現場への“仮設”リースを中心に成長してきたが、近年、商品の高機能化などを背景に、工場、事務所のほか店舗、介護事業向けなどの販売、施工事業が伸長。土地活用事業では大型商業施設も手掛け、県内では「フレスポ高屋」を、4月にオープンした。

PAGETOP