WEB VISION OKAYAMA

連載記事

5月~気分をゆるめたい時にひと嗅ぎ、ラベンダーの寄せ植え

Container gardening
すてきなコンテナガーデニング

[file-4] (テーマを決めてのハーブガーデン)
5月~気分をゆるめたい時にひと嗅ぎ、ラベンダーの寄せ植え

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

いくつかのハーブを組み合わせる寄せ植えは、色や香り、植物の相性を考えてコーディネートすると育てる喜びも2倍、3倍になります。料理に使ったり、ハーブティーにしたりと、楽しみ方も色々あります。テーマを決めていろいろな寄せ植えを作ってみましょう。

<材料>
□ コンテナ テラコッタ
□ 培養土
□ 花苗(ラベンダー、ナスタチューム、セージ、バコバ)

<材料費> 3500円
<制作時間> 約30分

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

【植え付けの手順】

1.ビニールポットから苗を取り出す。
2.根鉢を軽くほぐす。
3.鉢底網を敷いた鉢に底石を1/6くらい入れ、苗を入れる。
4.鉢と苗、株のすき間に培養土を入れる。
5.株元を指先で軽く押し、培養土を安定させたっぷりと水を与える。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

【夏をうまく乗り切る管理のポイント】

* 切り戻し *
伸びた茎を切り詰める作業。高温多湿に弱いハーブは梅雨前に収穫を兼ねて切り戻しを行う。ラベンダーのように花穂を脇葉の上で切り戻して樹姿を整えるものなど切り戻す位置は種類によって異なります。

* 摘心 *
枝の先端の目を摘み取る作業。
摘心によって脇芽の生育が促されて枝数が殖え、こんもりとした草姿、樹姿になる。バジルの場合は、苗のうちに数回、摘心しておくと葉の収穫量が殖える。

* 花を咲かせない *
葉を利用する多くのハーブにも花が咲きますが、花を咲かせると、葉が硬くなるほか、特に一年草は株が老化して勢いがなくなります。品質の良い葉を収穫し続けるためには、花を咲かせないように。目立つ花を咲かせるものはあまりないので、種子を採らない場合は、花芽が見え始めたら、早めに取り除いてください。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

<指導>木下 利英子 氏
日本ガーデナー(株)常務
コンテナガーデニングマスター

本誌:2007年5.14号 35ページ

PAGETOP