WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルエースプラニング

リマーニの味を家庭で レトルト食品2種発売

  • ホテルの味を忠実に再現

 食品プロデュースの(株)エースプラニング(瀬戸内市長船町東須恵1373-5、赤阪好和社長、資本金500万円)は、このほど、ホテル・リマーニ(瀬戸内市牛窓町)のレストランの味を再現したレトルト食品2種類を発売した。

 ホテルの魅力を全国に発信することで、牛窓への集客につなげようと提案。4カ月にわたって試作を繰り返し共同で開発したもの。

 「ビーフカレー」(1人前200g)は、マッシュルームと岡山県産の牛肉をリンゴやバナナなどを加えたフルーティーなソースで煮込んだもの。「チキンクリームシチュー」(同250g)は濃厚な生クリームをふんだんに使用し鶏肉とマッシュルームを加えている。どちらもレストランのメニューにはない「裏メニュー」。監修にあたった同ホテルの中島健樹シェフとの話し合いで生まれたものだが、同じレシピのソースを使用するなど、「リマーニの味」を忠実に再現している。

 価格は各525円(税込み)。同ホテルの売店だけでの販売だが、観光地やデパートでの販売も予定している。

 同社では、牛窓特産のオリーブやカボチャを使った第2弾のホテルオリジナルメニューの開発を進めている。

本誌:2007年5.14号 8ページ

PAGETOP