WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル高田洋紙店

11月18日新ビル開業 表町で音楽文化を発信

  • 完成間近のタナックスビル

 (株)高田洋紙店(岡山市泉田390-13、高田正彦社長、資本金3600万円)が岡山市表町1-8-48に建設していた「タナックスビル」が近く完成、11月18日にオープンする。

 ビル内にライブハウスのほか、音楽の練習用などのスタジオ、楽器店が入居した“音楽の館”。建物の運営は「スタジオ・イマージュ」(高倉昭博代表)。今後、プロのミュージシャンを招き本格的なライブを行うなど、音楽情報を発信していく。

 同日は午前11時半から、タナックスビルの竣工記念とスタジオイマージュオープニングパーティーを実施する。

 同ビルはオランダ東通り沿いに立地。264平方メートルの敷地に、鉄筋2階(延べ520平方メートル)の規模。1階がライブハウス、カフェで、2階は楽器店と練習や録音用のスタジオなど。投資額は約1億2000万円。

本誌:2006年10.30号 13ページ

PAGETOP