WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルユニコ

中古車買取業に本格参入へ 11月3日「カーうッチ」開店

  • ユニークな名称の「カー“う”ッチ」

 中古エンジンの輸出などを手掛ける(株)ユニコ(備前市麻宇那926-3、木村政市社長、資本金2000万円)は、11月3日、車買取専門店「カーうッチ岡山本店」をオープン。4本目の柱となる中古車買取部を立ち上げる。

 同店は岡山市新保1125-1に立地。660平方メートルの敷地に、鉄骨平屋(約100平方メートル)の規模。店内には接客用にテーブル席4カ所とキッズコーナーを設置。買い取った車はオークションに出品するほか海外へ輸出する。一部は一般にも販売するため敷地内に約5台を展示するほか、来店客用の駐車場スペースを5台分設ける。

 岡山県下全域をエリアとし、店舗での買い取りのほか出張査定も対応する。従業員3人で業務に当たり、当面は月間で買取台数30台、次年度以降は同50台程度を目指す。営業時間午前10時~午後7時。水曜定休。

 将来、FCを含めた多店舗化を視野に入れており、岡山市中心部に近い目抜き通り(都市計画道下中野-十日市線)沿いへの出店で、“広告塔”としての狙いもあるという。

 同社は中古自動車やエンジン、パーツなどの回収、輸出を手掛けており、現在は国内販売、海外販売、解体の3部門で構成。車に関するビジネスを幅広く展開していることから「輸出のノウハウや解体を手掛けており、事故車修理なども自社で一貫し対応できる。他店で0円査定された車でも、料金をつけられるケースがあるのでどんどん利用してほしい」(木村社長)と話している。

 オープン記念キャンペーンでは、来店者に100円洗車を実施するほか、高額買取(50万円以上)成約者には現金のつかみどりなどを行う。

 問い合わせは同店(フリーダイヤル0120-421-555)。店舗の詳細についてはホームページ(アドレスwww.carutti.jp)で紹介している。同社は従業員40人、年間売上高約15億円(18・12期見込み)。

本誌:2006年10.30号 7ページ

PAGETOP