WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルパーソナルアイテック

スカイプ利用の廉価版 専用サーバーを開発

 システム開発の(株)パーソナルアイテック(岡山市今2-3-18、唐木與志夫社長、資本金1000万円)は、このほど、IP電話による法人向け無料通話サービス「ピックスフォン」の専用サーバーを開発した。ユーザーが初期設定することで、現在販売中の管理ソフトに比べて安価に抑えた。

 IP電話の無料ソフトウエア「スカイプ」を利用。ユーザーはサーバーをLAN接続し、各利用者にIDとパスワードをメールで配信。社内での内線利用のほか、国内外の事業拠点やグループ企業、主要取引先がスカイプをダウンロードしていれば、双方から電話をかけても通話料は無制限無料となる。

 1ユーザー当たり100アカウントまでで、スカイプサーバー専用のパソコン設置が必要。定価14万8000円だが、現在100台限定でキャンペーン価格(9万8000円)を実施中。代理店経由で販売し、デモ機も貸し出す。

 唐木社長は「企業の経費の大半を占めるのは人件費と通信費。スカイプが普及すれば、通信費の大幅削減につながる」としている。

PAGETOP