WEB VISION OKAYAMA

人・往来岡山ヤクルト販売(株)会長 坪井俊郎氏

「野球教室」次回開催に意欲 将来のプロ選手に熱視線

  • 坪井俊郎会長

 「『ヤクルト野球教室』は青少年の育成につながる事業。われわれが扱う「ヤクルト」とスポーツはともに健康促進という意味で関連性があり、今後も可能な限り岡山で開催していきたい」―。こう話すのは、岡山ヤクルト販売(株)会長の坪井俊郎氏。

 10月22日行われた「東京ヤクルトスワローズ野球教室」に参加した。野球教室は長いペナントレースが終わり、秋季キャンプが始まるわずかな期間に行われるため岡山での開催は4年ぶり。プロ野球選手は全国各地から招待の声が掛かるだけに、選手招へいに向け関係者の苦労も多く「晴天に恵まれたことが何より」と安心した様子。

 ヤクルトスワローズ後援会の中四国支部長を長年務めていることもあり「岡山県からスワローズの選手が育ってくれれば」との思いを胸に、子どもたちの練習に熱い視線を送っていた。

本誌:2006年10.30号 19ページ

PAGETOP