WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルアイ・エス・ティ

UD化への新サービス 改善点指摘や更新も

 システム開発の(有)アイ・エス・ティ(岡山市芳賀5303、吉井誠社長、資本金300万円)は11月1日から、ホームページのユニバーサルデザイン(UD)化支援の新たなサービスを開始する。

 岡山初のホームページUD化の実績とノウハウを持つ同社が、UDの7原則(公平性、自由度など)に基づき、色調、音声ブラウザの有無、文字サイズなど個別の改善点を指摘。受注後3日以内でUD化への報告書を提供する。

 報告書の内容に基づき、ホームページの更新作業も手掛けるオプションサービス付きで、見やすい画面や音声読み上げ機能の充実、検索エンジンの上位表示など、障害者や高齢者が利用しやすいホームページに改良する。

 料金は2万9800円(10ページまで)で、更新作業は3万1500円。先着30件限定で半額キャンペーンを実施。国内外の規格や各種団体のガイドラインに準拠したUD化チェックと更新作業は9万9800円(同)から。吉井社長は「リーズナブルな価格でUD化を実感してもらえれば」としている。

PAGETOP