WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルセンシュー興業の芝居小屋跡

東京債権回収が落札 競売入札で1億円

 センシュー興業(株)(倉敷市)の芝居小屋「千秋座」跡の土地、建物が競売にかけられ10月5~12日に岡山地裁倉敷支部で期間入札を実施。東京債権回収(株)(東京都)が落札し、25日に同支部で売却許可を決定した。

  売却基準価額7134万4000円に対し、落札価額は1億円。同社を含めて5社の応札があった。

 芝居小屋跡は、倉敷市阿知3-12-6、倉敷一番街商店街に立地。敷地は1257平方メートルで鉄骨平屋(593平方メートル)。舞台、客席(200人収容)、楽屋などから成る。

 センシュー興業は、昨年11月24日に同支部に自己破産を申請した。
芝居小屋は平成15年5月に映画館跡にオープン。全盛期には熱烈な芝居ファンに支えられにぎわったが、昨年11月末で閉館した。

PAGETOP