WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル帝国データバンク岡山支店

倒産件数は4カ月連続2けた

 (株)帝国データバンク岡山支店は、このほど、10月の県下企業倒産状況(負債額1000万円以上)をまとめた。件数は15件(前月11件)、負債総額153億3600万円(同395億100万円)。件数は4カ月連続の2けたで、負債総額も今年2番目となった。業種別では建設業5件、製造業と小売業が各4件。主な原因は販売不振9件、放漫経営4件など。伊豫商事グループ会社の倒産が負債総額を引き上げたほか、自己破産した水島地下工業など、公共工事の縮小による受注環境悪化で事業継続を断念するケースもあった。

本誌:2007年11.19号 21ページ

PAGETOP