WEB VISION OKAYAMA

かがやくひとダイヤ工業◆Baseサービス部(コールセンター)

成長企業を支える明るい応対― 日々会社の進歩を実感できる

  • (左から)三宅友美さん、久次麻美さん、宮崎明日香さん

 コルセット、サポーターなどの医療用品メーカーとして、整骨院などを通じた独自の販売網と、ニッチな商品開発で売り上げを伸ばすダイヤ工業。お客さんの窓口となるコールセンターを支えるフレッシュな3人が登場してくれました。

……………

 1人当たりの電話応対は1日平均で50件超にも及び、問い合わせの内容も様々ですが、皆さん次々と受発注業務をこなしています。入社2年目の宮崎さんは「お客さんとの応対では元気で明るく-が基本。会話だけで印象が決まってしまうので、あせっていても相手には感じさせないように」と意識しているそうです。

……………

 人と接する仕事を望んで入社した三宅さんは「言葉だけでは伝わりにくいことが意外と多い。表情が分からずもどかしく思うときがある」。医療用品を扱っているだけに専門的な問い合わせもあるようで、「困ったときには先輩にアドバイスをいただき助けてもらっている。もっと商品知識を高め、仕事のスピードを上げたい」(久次さん)とまだまだ“修行中”。社員さんのいきいきとした表情が、2ケタ増収を続ける会社の活力になっています。

◆取材memo
 同社では得意とする医療用品だけに限らず、健康を“切り口”に地元企業の商品を掲載した通信販売カタログ「はーとふるライフ」Vol.2を発刊。定期的に発行しており、商品掲載企業や配布先を大募集中です。

本誌:2007年11.19号 2ページ

PAGETOP