WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル街のこうこく市場

ハワイアンコンビニ併設 集客力高め広告効果発揮

  • 異国情緒たっぷりの店内

 店舗自体を広告媒体に見立てた「街のこうこく市場」を運営する(株)ふぉーびずどっと(岡山市表町1-7-35、眞鍋一也社長、資本金1000万円)は、11月3日、店内にハワイアンコンビニエンスストア「アロハ・ハロア」をグランドオープンした。

 集客力を高めることでこうこく市場の広告効果アップ、活性化を図ろうと、1周年を機に全面リニューアルを実施。眞鍋社長の知人がハワイで貿易関係の仕事をしており、その人脈を使い仕入れルートを開拓。わずか3カ月の準備期間で開店にこぎ着けた。

 直輸入のハワイアンキルト、ジュエリー、民芸品など「ワイキキの観光客向け商品は一式揃えた」(同店)といい、特にキルトやジュエリーについては独自ルートで市価の半額~3分の2程度の買い得商品を揃えた。また、ワイキキのハイアットリージェンシーホテルなどで販売している人気の高級オリジナルチョコレート「パドヴァニィズ」と提携。目玉商品としてクリスマスごろからの販売を目指しており、ネットでも取り扱う予定。コスメグッズ、定番のチョコレート、クッキー、ナッツ類なども豊富に揃えており、フラグッズなども品揃えを充実させる。

 平均客単価800円で、月間売上高目標は350万円。商品仕入れ、店舗運営は新たに設立した(株)エイ・エイチジャパンコーポレーション(同所、住田幸雄社長、資本金1000万円)が行う。

 眞鍋社長は「こうこく市場事業の第2章で、人集めの手段として考えた」と説明。今後、こうこく市場のFC展開を進める上での“集客装置”として、ノウハウ蓄積に努める。11月19日ごろには開店時間を午前8時に早め、近隣のビジネスマン向けに弁当販売も始める。

PAGETOP