WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル岡山県下主要量販店の10月度販売実績

消費に回復力なし、暖秋で季節氏用品でず

 [概況]10月はまだ気温が高く、期待していた秋冬物商品が本格的には動かなかった。加えて前年に比べて日曜日が1日少なかったこともあって、売り上げは低調な域を脱しなかった。

 このところガソリン価格を筆頭に値上げムードが続いており、消費に対して慎重ムードが出ている。特に地方にこの傾向が強く、消費はしばらく低迷状態が続きそう。

 10月も売り上げを伸ばしたのは、物産展などのイベントを実施した店舗や、改装をした店舗。相変わらず、北海道物産展が活況を見せている。衣料については、後半になって実用中心に動いたが、低価格品が主流。

 11月は岡山駅前に注目のビックカメラがオープン(20日)する。同駅前周辺は、さんすて岡山など、この1年間、新規開店が相次いでおり、最後の大型店の登場となる。

 また、ギフトの早期受注作戦がデパート勢を中心に展開される。店舗別の売り上げ実績は次の通り。(%は原則として前年比伸び率)

[天満屋岡山店は食品が健闘]

 デパート 岡山高島屋(岡山市)は、水面下。9月に比べて衣料は回復してきたが、期待していた北海道物産展などの催事が思っていたほど伸びなかった。

 衣料は紳士関連、婦人服ともに不振。しかし、ブランドによっては昨年を上回るものも出てきている。着物類は伸びた。婦人雑貨ではロングブーツなどブーツ類が伸びていない。

 プラスに転じてきたのは、輸入特選雑貨類。スポーツ用品もゴルフ用品を中心に健闘した。11月は0.9%増を目指す。ギフトの早期受注に全力。11月20日のビックカメラ開店による集客に期待。

 天満屋岡山店(岡山市)は若干切った。日曜日が1日少なかったことと、前半、季節衣料が伸び悩んだことが最後まで響いた。食品はリモデル効果で10%増。北海道物産展もまずまず。

 リビング関連では食器類が20%増。輪島塗展が活況だった。衣料はジャケット、コートといった重衣料が伸びなかった。気温が下がってきた中旬以降季節商品が動きだした。紳士関連も健闘した。

 11月は2%増を狙う。北海道や三重の物産展に期待。ギフトは通期で2%増の目標。11月14日から早期受注をスタート。

 天満屋津山店(津山市)は前年をクリアしたが、目標の2ケタ増には及ばなかった。子供服、婦人服が伸びた。誕生祭も順調だった。11月の目標は3%増。

 天満屋倉敷店(倉敷市)は、目標には若干及ばなかったものの前年クリア。横浜中華街展などの催事で稼いだ。既存の売り場は前年並みで、これは三越撤退に伴うプラス影響が一巡したためで、全体的に安定してきた。

 気温の低下とともに、肌着が伸び、寝具、紳士服、婦人靴も動いた。催事の関係で食品も売れた。しかし、前年に比べて曜日巡りが悪く、屏風祭などの動員がやや伸び悩んだ。

 11月は2%増の目標。ギフトの早期受注に全力。北海道物産展に期待。

[天満屋ストア前年水準確保]

 スーパー 天満屋ストア(岡山市)は既存店ベースで前年水準達成。上旬は気温が高く、季節商品を中心に苦戦したが、中旬以降は冷え込みとともに衣料が動いた。月末は一休み。 

 商品群別では衣料が3%増、食品が前年並み。季節商品としては肌着、子供・ベビー関連、婦人用品、紳士関連などが動いた。食品は、おでんや鍋材料が売れ、サンマ、サバも動いた。野菜も堅調。

 店舗別では、笠岡美の浜店が12%増、児島店が7%増、鴨方店が3%増。店予算を達成したのは、リブ総社店、玉野店、岡北店、妹尾店、久世店、円山店、高梁店、泉田店、大安寺店など。

 11月は全店ベースで2%増、既存店ベースで前年並みを目指す。冬物の動きに期待。ギフトも立ち上げる。社会催事や北海道物産展に対応。

 イトーヨーカ堂岡山店(岡山市)は3%増。衣料、食品、住居関連ともに前年実績クリア。気温の低下とともに、ジャケットやセーターなどが売れ、衣料が伸びた。食品は加工食品とデイリーが伸びた。総菜・弁当は5%増。住居関連はスポーツウエアが20%増。11月は5%増を目指す。スイーツフェアなどの催事に期待。

 イズミヤ津高店(岡山市)は水面下。日曜日が前年より1日少なかった分、割り込んだ。衣料は紳士、肌着、子供がまずまず。食品は野菜が良かったが、精肉、鮮魚がいまひとつ。住居関連では、こたつ布団、ホットカーペットカバーなどが動いた。11月は2%増を目指す。

 イズミ倉敷店(倉敷市)は前年実績クリア。衣料が伸びた。食品は苦戦。11月の目標は6%増。

[サブリーナタウンは2%増]

 専門店 ドレミの街専門店(岡山市)は前年実績にわずかに及ばなかった。ウエスギが増床オープン、婦人服も冬物が動いた。携帯ショップも健闘。11月は前年実績クリアの目標。ビックカメラのオープニング集客に期待。

 岡山一番街(岡山市)は水面下。日曜日が1日少なかったことと、駅舎内店舗との競合で飲食・土産物が苦戦。11月の目標は前年並み。書店の改装に着手。

 ルブラン(倉敷市)は水面下。飲食は伸びた。衣料が意外に苦戦した。11月は前年並みの目標。

 サブリーナタウン(倉敷市)は2%増。季節衣料がやっと動いた。客数も増えている。空きスペースもほぼ解消した。11月は前年並みを目指す。出足は好調。

 リブ総社(総社市)は水面下。衣料はまずまず。前半が伸び悩んだ。11月は前年比97%の目標。出足は前年並み。後半のイベントに期待。

本誌:2007年11.19号 20ページ

PAGETOP