WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル友野印刷

お見舞いメールサービス 病院イメージ向上に一役

  • 心温まるお見舞いメール

 友野印刷(株)(岡山市高柳西町1-23、友野昌平社長、資本金3000万円)は、8月28日、病院のホームページから入院患者にメッセージを送るサービスの提供を開始した。

 病院のホームページに設けた専用のサイトから、最大1200文字までのメッセージと画像1つを添付することができ、メッセージを受け取った病院は専用の台紙にプリントアウトして患者に渡すサービス。平成18年から岡山済生会総合病院などで試験運用を開始したところ好評で、病院のイメージアップに役立ったことから「お見舞いメール」として全国の病院へのサービスの提供を始めたもの。

 専用台紙は12種類あり、契約時に3種類計600枚を選べるほか、システム設定料など初期費用は5万2500円。2年目以降は年間3万7800円のサーバー使用料金が必要。

問い合わせ、申し込みは同社の専用ホームページhttp://omime.jpへ。

本誌:2007年9.10号 8ページ

PAGETOP