WEB VISION OKAYAMA

かがやくひと天満屋 岡山本店 ◆ インフォメーション担当

お客様の立場で考えること。 それが表情や行動に表れるはず――

  • 藤原知佳さん(左)と片山育子さん(右)

 6月1日、インフォメーション担当スタッフが清楚な夏の制服に衣替え。笑顔もいっそうさわやか、来店客に本格的な夏の訪れを知らせます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 インフォメーション担当は、まさに店の“顔”。あらゆる客のあらゆる問い合わせや要望に、適切に対処していく判断力や機転が求められます。「たとえクレームのお客様でも、最後は気持ちよくお帰りいただけるように。お客様の気持ちに沿って、誠意をもって」(藤原さん)。
 
 「最も大切にしているのは、お客様に気持ちよく過ごしていただけるかどうか」(片山さん)という視点。そうすれば、自然に笑顔になれるそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 さて6月12日から「お中元ギフトセンター」(6階葦川会館)がオープン。「早期受注会なら品数・種類も豊富で、よいお買い物がしていただけるはず。ぜひ早めにご来店を」と片山さん。

 「ゆっくりお買い回りいただき、もし分からないこと・困ったことがある時は、ぜひ私たちを頼りにしてください」という2人の表情に、接客の最前線を預かる人の自信が感じられました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

取材memo◆天満屋では、年4回(3月初め、5月前半、9月初め、11月初め)ファッションフェスティバルを開催。その初日にインフォメーション担当の制服が変わります。(今回は6月1日の衣替えの日に合わせました。)

本誌:2007年6.18号 2ページ
関連リンク:天満屋

PAGETOP