WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルスポーツクラブ・アクトス

県下1号店「倉敷店」今秋開業へ 連島町で会員数3000人目指す

  • 建設予定地にあるオープン告知の看板

 中部地区中心にスポーツクラブを展開する(株)アクトス(岐阜県多治見市希望ケ丘4-75-3、横山悟社長、資本金3億1000万円)は、中国地区1号店となる「スポーツクラブアクトス倉敷店」(仮称)出店を計画。倉敷市連島町連島37-6の遊技場跡地ですでに着工しており、今秋オープンを目指す。

 県道水島港線沿いで、敷地面積は約4000平方メートル。鉄骨2階(延べ2350平方メートル)の規模。プールやトレーニングジム、プログラムレッスンなどを行うスタジオを設けた総合施設とする計画で、ジャグジーやサウナなどリラクゼーション施設を設ける。詳細は未定。

 広さ2400平方メートル程度が同社の標準的な施設規模といい、倉敷店はほぼ標準型のスタイルとなる。主婦層や高齢者をメーンターゲットとし、会員数3000人を目指す。設計は(株)上野山都市設計(名古屋市)、施工は(株)小倉組(岡山市)。

 アクトスは昭和59年9月創業、岐阜、愛知両県を中心に北海道、関西に進出しており、近隣では兵庫県明石市内に出店。今年5月には愛媛県にも出店しており、全国展開を進めている。年商は約71億円(19・3期)。

本誌:2007年6.18号 8ページ

PAGETOP