WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル千趣会グループが新サービス

コンビニ代わりの「ちょこたべBOX」

  • 残業時などに便利

 通信販売大手の千趣会グループ(本部・大阪市)は、このほど、企業の事務所に菓子などが入った箱を設置する「ちょこたべBOX」の展開を岡山県内で開始した。

 箱はプラスチック製で3段の引き出し付き。菓子や即席みそ汁、エネルギー補給食品など使った分だけを備え付けの集金箱に支払うシステム。設置は無料で手軽に導入でき、昼食時や小腹のすく残業時などに便利として、順調な滑り出しという。商品は約50種類(100、150、200円)。3カ月に1度商品構成の変更と集金を行う。補充が必要なときはファクスで注文する。

 コンビニエンスストアに行く手間も惜しい多忙なビジネスマンを応援しようと開発したもの。大手菓子メーカーなどが同様の事業を実施しているが、商品構成の多様さで受注拡大を図る。地場企業では、畠山製菓(株)(岡山市)がおかき、里庄町に製造拠点を持つ天野実業(株)(福山市)がフリーズドライのみそ汁を供給している。

 県下で年内3000事業所への設置を目指す。問い合わせは、同グループ(フリーダイヤル0120-81-0860)へ。

本誌:2007年6.18号 7ページ

PAGETOP