WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル岡山商工会議所

マイナス幅が拡大

 岡山商工会議所連合会(岡山市)は、会員企業601社を対象に実施した平成20年4-6月期の景気観測調査の結果をまとめた。
 
 景況DI(「好転」と答えた企業割合から「悪化」と答えた企業割合を引いた数値)はマイナス36.7と1-3月期に比べ6.4ポイント拡大。全体では、平成14年1-3月期以来の低水準となっている。原材料・商品仕入価格DIはマイナス幅を大幅に拡大し、4期連続で最低値を更新。製品・商品販売価格DIがプラス幅を拡大したものの、採算(収益)DIは引き続きマイナス幅を拡大している。

本誌:2008年夏季特大号 29ページ

PAGETOP