WEB VISION OKAYAMA

巻頭特集中国研究

強まる岡山とのつながり 食品輸入は“激減”

 このところ食品や環境問題に代表される「負」の部分がクローズアップされがちな中国。ただ一方で、我々の生活は同国抜きには成り立たぬほど密接な関係にあり、さらにその“濃度”が年々高まっているのも紛れもない事実。岡山県下では、企業の進出先としてだけでなく、今や国別の輸出額、在留外国人数なども潤・の外国で、平均以上の“近い”間柄にある。平和の祭典・北京五輪開幕を前に、中国と岡山の密接度合いを産業、食、人の交流などの観点から検証する。

本誌:2008年夏季特大号 4ページ

PAGETOP