WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルサンフラワー

岡山ジョイポリスに進出 ボウリング、カラオケ同時オープン

  • 子ども連れ中心ににぎわう「サンフラワーボウル岡山ジョイポリス」

 平松エンタープライズ(株)グループの(株)サンフラワー(倉敷市昭和1-2-22、平松康子社長、資本金3500万円)は7月25日、岡山市下石井2-10-1の岡山ジョイポリス内に「サンフラワーボウル・カラオケスタジオ」をオープンした。

 ボウリング・カラオケ店を閉店したセガ跡の2、3階に進出。サンフラワーボウルは広さ2463平方メートル。30レーンを備えたほか、ビリヤード2台、ダーツゲーム4機を設置した。料金はボウリングが平日(午前10時~午後6時)一般450円、平日午後6時以降と土・日曜、祝日は500円。営業時間は午前10時~翌深夜1時(金・土曜、祝前日は翌深夜3時まで)。

 カラオケは575平方メートルで24室。30人以上を収容するパーティールームなどを新たに設けたほか、各室でテーマを設け、装飾にもこだわり、機械も最新設備を導入した。料金は平日午後6時まで125円(30分)~。フリータイムの料金設定有り。営業時間は午前11時~翌午前3時(金・土曜、祝前日は翌午前5時まで)。

 サンフラワーでは「商業施設と一体の立地からファミリー層がターゲットだが、各種団体や企業への呼び込みなどでもノウハウを発揮し集客につなげたい」としている。契約は5年間。

 同社は、倉敷市松島1177でボウリングやカラオケ、ゲームセンターなどを併設したアミューズメント施設を運営。同所のボウリング場は、県下ボウリング場でトップクラスの集客力を発揮している。

 岡山ジョイポリス棟では1階の飲食店が撤退しており、その後継店がオープンする9月にも大規模な改装を実施する予定。

本誌:2008年夏季特大号 10ページ

PAGETOP