WEB VISION OKAYAMA

連載記事

[健康] 日常生活で必要な運動量

 Q.日常生活での運動量は、どれくらいを目安にすればよいのでしょうか

1日7000歩を目標に運動を


 A.健康を維持するためには、食事に気をつけ、適度な運動を行わないのですが、なかなか難しいですよね。

 食事は毎日の事なので取り組みやすいですが、運動は忙しい、場所がないなどの理由で継続するのは難しいのではないのでしょうか。

 昨年7月に厚生労働省から「健康づくりのための運動指針」が発表されました。健康を維持するためには、どれぐらいの運動を毎日行えば良いかを科学的裏づけに基づいて示しています。

 この中では日常の家事や歩行、階段昇降など「生活活動」を「運動」として同等に扱っています。活動量を「エクササイズ」という単位で表し「1週間に23エクササイズ以上、うち運動が4エクササイズ」を目標に掲げています。

 つまり、会社内の移動に階段を使うとか、帰宅時に少し遠回りして帰るなど「生活活動」を増やせば、本格的な「運動」が少なくても十分効果が得られるというわけです。

 1エクササイズに相当する身体活動は歩行20分、自転車15分、軽い筋トレ20分、ゴルフ15分、階段昇降10分などです。1週間に23エクササイズということは、1日約3.3エクササイズの身体活動が必要です。歩行に換算すれば約70分。10分の歩行は約1000歩に相当するので、1日7000歩を目指してみましょう。

 今回の運動指針は1週間単位なので、忙しい日は数千歩しか歩けなくても足りない分を休日に多く歩く、スポーツクラブで汗を流すなどで取り戻せます。

 最近はキャラクター育成型歩数計、歩数が増えることで日本を縦断できるものなど様々なものがありますので、ご自分に合ったものを使って楽しみながら歩いてみましょう。

OSKスポーツクラブ岡山
松本希氏
岡山市絵図町1-50
086-252-3111

本誌:2007年7.9号 31ページ

PAGETOP