WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル中国銀行

本部組織を変更 営業店支援を強化

 (株)中国銀行(岡山市丸の内1-15-20、永島旭頭取、資本金151億4900万円)は、11月4日、営業店支援などを強化するため、本部組織を変更した。これで12部3室2地区本部体制から14部1室2地区本部体制になった。

 営業力の強化では従来の営業統括部、金融営業部、融資管理部の一部を再編。営業店支援の「営業支援部」、商品開発の「営業企画部」「金融営業部」の3部体制にした。また、金融営業部にあった情報担当を営業支援部に移設し「情報センター」として新設した。

 リスク管理体制では従来の証券管理室、金融営業部の預かり資産商品事務・外為事務の機能を集約し「市場管理部」を新設。また、金融営業部の保険・証券の販促担当を同部内に「預り資産センター」として独立させた。

 経営支援体制では融資部の中に新たに「経営改善サポートセンター」を設けた。

 広報体制ではIRなど広報活動を強化するため、従来の広報室、総務部の株式担当を統合し「広報CSRセンター」として総合企画部内に設置した。

 内部監査を強化するため、監査部を他部と並列した従来の組織体系から独立したポジションに変更した。

本誌:2005年11.14号 10ページ
関連リンク:中国銀行

PAGETOP