WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル山陽アール・イー・シー

岡山信用金庫本店跡を取得 11階の複合ビルが19年完成

  • 4階までが商業フロアとなる複合ビル

 (株)山陽アール・イー・シー(岡山市)は、岡山市錦町6-17の岡山信用金庫本店跡の土地、建物を取得。新たに1~4階が商業フロア、上層階が賃貸マンションの複合ビルが、平成19年2月に完成する。

 複合ビルは県庁通り沿いに建設。614平方メートルの敷地に、鉄筋11階(延べ3910平方メートル)の規模。4階までの約1500平方メートルに物販、飲食、サービスの商業テナントを誘致する。

 5~11階は賃貸マンションで、約60戸設ける。1戸当たり35~40平方メートルでワンルームが中心だが、8~10プランの豊富なバリエーションを設け、多種多様なニーズに対応する。

 今年11月から既存建物の解体工事に着手しており、来年1月に着工する計画。総事業費約12億円。(株)中国銀行(岡山市)と(株)東京三菱銀行(東京都)のシンジケートローンによる約15億円を充てる。

本誌:2005年11.14号 7ページ

PAGETOP