WEB VISION OKAYAMA

人・往来(株)不二ビルサービス社長 森元英司氏

山陽ハイツの運営受託 官民の長所を合わせて

  • 森元英司(株)不二ビルサービス社長

 「官民の良いところを出し合い時代の変化に機敏に対応し、さらに発展させたい」―。山陽ハイツの指定管理者として倉敷市から受託し11月から業務を始めた(株)不二ビルサービスの森元英司社長は意欲満々だ。

 同社は昭和31年8月創業。広島、東京の本社のほか岡山、大阪、名古屋などに拠点を持ち、ビル維持管理、環境衛生管理、警備、介護などを手掛けている。「今まで蓄積してきた様々な施設の管理運営ノウハウと営業ネットワークが山陽ハイツに必ず役立つ」と強調する。社員には他の有力企業OBも多く、研修などでOBの出身企業の利用も期待できる。

 同施設は35年前に勤労者総合福祉センター第1号として発足、年間20万人の利用を誇り、行政関係の利用が多いのも特徴。新体制後も職員の大半が残り、「行政との太いパイプが温存されているのも強み」と言う。

 官民の長所を合わせた新生山陽ハイツが、今後どのような新たな展開をしていくのか、注目される。

PAGETOP