WEB VISION OKAYAMA

インタビュー・対談「時代を読む」鋭い着眼点

アンジェリック 宗定京子さん(44)

  • 第1印象の大切さを説く宗定さん

 「今の時代に求められているのは人材育成。世の中の流れを読みながら、自分の力で人生を切り開いていきたい」―。20年以上、プロ司会者としてキャリアを重ねてきた宗定さんが、「人材育成」に目を付けたのは2年前。岡山市内のビジネス専門学校で講師を務めたのがきっかけだった。

 ボソボソと小さな声で自己紹介し、発言しても声がこちらまで届いてこない生徒たちがいた。早速、正しい発声法や発音を指導。ボイストレーニングのかたわら、第1印象の決め手となる表情や視線の角度、身だしなみの大切さも説いた。これまで司会者養成に多くかかわってきた宗定さんだったが、やがて社会に巣立っていく生徒たちを見ながら「こうしたトレーニングは、どんな職業であっても必要なのでは」と思い始めた。

 アンジェリックを立ち上げたのは今年4月。長年身を置いたブライダル業界を離れ、これからは人材育成に力を注ごうと決めた。“話のプロ”としてのキャリアには自信がある。県商工会連合会が専門家を派遣する「エキスパート・バンク」に登録すると、すぐに「営業担当者に研修をしてほしい」「スタッフに接客マナーを身に着けさせたい」などと引き合いがあった。需要は多く、「人ありき」の時代なのだと感じた。

 指導するのは、人に伝わる話し方や豊かな表現、好感を持たれる態度など、人の心をつかみ自分を「魅せる」方法だ。単に商品を売るだけでなく、コミュニケーションなどソフト面でのサービスの充実が求められる時代。「客とじかに接する人の印象が社の業績を左右する」と宗定さんはみている。
 
 4、5年前、司会者の仕事が減り始めたころ、「1つの所にしがみついていてはだめだ」と、早くから“自分磨き”を始め、次なる道を模索していた。「1度きりの人生、悔いのないように」。敏感に社会の動きをとらえながら、宗定さんの挑戦は続く。

※アンジェリックは12月24日から「K’s Brain」に名称変更

岡山市海岸通2-1-40-4-2F
電話・岡山261-6301

PAGETOP