WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル倉敷市

指定管理者を選定 鷲羽山ユースホステルなど

 倉敷市は、10月28日、鷲羽山ユースホステルなどの指定管理者の優先交渉権者を選定した。

鷲羽山ユースホステルは水島ゼネラルサービス(株)(倉敷市、上田茂社長)を選定。倉敷館、新渓園、観光休憩所などの観光施設は現委託先の(社)倉敷観光コンベンションビューロー(同市、森喬会長)、倉敷ファッションセンターは現委託先の倉敷ファッションセンター(株)(同市、青井賢平社長)をそれぞれ選定した。

12月議会の議決を経て、来年4月1日から各施設の管理運営を委託する。

PAGETOP