WEB VISION OKAYAMA

話題ベクトルグループ、OHK

中西圭三招き特別プログラム エンタメ事業への思い語る

  • エンターテイメント事業について語る(右から)村川社長と中西氏

 社会人向け勉強会のベクトル大学特別プログラム「エコ&エンターテイメントフェスティバル」が8月8、9の2日間、岡山市北区学南町3-2-1のOHK岡山放送本社で開かれた。

 初日は岡山県出身のシンガーソングライターで、ベクトルが今後展開するエンターテイメント事業の総合プロデューサーを務める中西圭三氏を講師に迎え、トークとライブの2部構成。トークにはベクトルの村川智博社長も参加し、同事業について「さまざまな環境が揃う東京とのジョイントベンチャーのイメージで、いいところを岡山に導入して橋渡しの役割を果たしたい」と説明。中西氏は「(世界に通用するエンターテイナーを輩出する)ふかふかの土壌をつくる手伝いをしたい」と抱負を述べた。

 9日は写真家の桐島ローランド氏のセミナーと岡山出身の注目アーチストLugz&Jeraとnaom‘eyのライブが行われ、屋外会場にはフリーマーケットやベクトルの特設買取ブースも設けられた。

 イオンモール内の「まちなかスタジオ ミルン」開設に伴い空きスペースとなっていた岡山放送別館にベクトルが本社を移した縁で実現したコラボイベント。

本誌:2015年8.24号 12ページ

PAGETOP