WEB VISION OKAYAMA

データ岡山県下7月度 主要量販店の販売実績

食品は生鮮品の相場高で軒並み好調 百貨店でバーゲンスタート 台風上陸で半日休業した店も

 [概況] 量販店、専門店街に続き、7月から百貨店でもバーゲンがスタート。高額品中心に好調な動きを見せた。

 ただ、16~17日に台風が上陸したことで、半日休業するなど売り上げを大きく落とす店舗もあった。食品は生鮮が軒並み相場高で軒並み前年をクリア。中元ギフトも果物中心に単価が上がっている。競合や販促策が不振だった店以外は実績を伸ばしている。

 月末になり岡山、倉敷両市では消費喚起策としてプレミアム商品券の利用がスタート。一部で高級品への利用が見られているが、本格的な利用は8月以降となっている。店舗別の売上実績は次の通り(%は原則前年対比)。

天満屋送料無料で中元好調

 百貨店 岡山高島屋(岡山市)は、イオンモール岡山内のフードメゾンを合わせて5%近く伸びた。海外ブランドは2ケタ増。宝飾品や呉服、美術品など高額品は全般的に高い伸びを見せた。バーゲンの立ち上げが7月にずれ込んだものの、周辺店舗に比べて1週間遅い8日開始だったほか、段階的なバーゲン立ち上げになったこともあり、高額商品以外は伸び悩んだ。また、中元は6~7月の累計でほぼ前年並みにとどまった。8月は122%を目指す。

 天満屋岡山店(岡山市)は若干切った。海外ブランドと舶来時計が前年を割り込んだことが影響した。バーゲンの立ち上げが7月にずれ込んだため衣料が2%増。婦人が3%増のほか、子どもは2ケタ増だが、紳士が低調だった。食品は改装効果で7%増。中元は累計で7%増。8月の目標は107%。

 天満屋倉敷店(倉敷市)は1%増。バーゲンの立ち上げが7月にずれ込んだ影響で衣料が前年を上回った。婦人服はキャリアが2ケタ近い伸びだった。ヤングは6月にバーゲンをスタートしたブランドがあり振るわず。中元ギフトは累計で5%増。雑貨は婦人靴がいまひとつだった。8月の目標は105%。

 天満屋津山店(津山市)は前年をクリア。和・洋菓子などが好調で食品が2ケタ近く伸びた。8月は103%を目指す。

ヨーカ堂岡山店競合で低調

 量販店 天満屋ストア(岡山市)は2%増。食品は3%増。ホウレンソウ、キャベツなど葉物野菜中心に価格が高騰した青果が2ケタ増。ウナギが好調だった鮮魚は2ケタ近く伸びた。中元ギフトは送料無料期間を延長し前年を上回った。住居関連は2%増。ステンレスボトルやタオルなど夏季主力商品が好調。寝具も涼感素材中心に前年を上回った。衣料は台風上陸など天候に恵まれず苦戦。紳士、婦人とも浴衣、水着は低調だった。個店では改装効果で泉田、鴨方、倉敷中島の各店が2ケタ増。8月は100%を目指す。

 イトーヨーカ堂岡山店(岡山市)は水面下。衣料が6%減。7月末の3日間に5%オフセールを実施した昨年の反動減が大きかった上、近距離のイオンモールとの競合が顕著な婦人が2ケタ近く落ち込んだ。紳士はTシャツやショートパンツなど季節商品が動き前年を上回った。住居関連も前年割れ。寝具、がん具が苦戦。化粧品は2ケタ増と健闘した。

 食品は2%減。冷凍食品半額セールを実施した昨年の反動で苦戦。加工食品は競合の影響で低調だった。生鮮品は葉物中心に相場高の青果が2ケタ増。個別ではキャベツ18%増、バナナ10%増などの伸びが目立った。牛肉が好調な精肉は5%増。海魚が低調な鮮魚は前年を割り込んだ。中元ギフトは2ケタ近い伸びで、6月の落ち込み分をカバーし累計でほぼ前年並みとなった。8月の目標は100%。7日に美容室「イーカット」を新たに導入した。

 イズミヤ津高店(岡山市)は水面下。食品は2%減。青果、精肉は前年を上回ったが、鮮魚は刺し身が振るわなかった。中元ギフトは送料無料サービスを取り止めた影響で30%近く落ち込んだ。衣料は水面下。婦人、紳士とも振るわず。住居関連は2%減。寝具、化粧品が落ち込んだ。エアコンが好調な家電は5%増。8月は101%を目指す。

 ゆめタウン倉敷(倉敷市)は前年をクリア。衣料が3%増。盆時期の販売開始から7月に早期展開したランドセルが好調だった。住居関連は前年を上回った。扇風機などのシーズン家電が50%増だったほか、寝具も前年を上回った。ウエートの高い雑貨とがん具が落ち込んだため、全体では伸び悩んだ。食品は前年並み。生鮮品は前年を上回ったが、ギフトが苦戦。30日に総菜コーナーを拡充するなど食品売り場をリニューアルした。8月は前年クリアを目指す。

 イトーヨーカ堂食品館倉敷店(倉敷市)は3%増。客数が増えており、飲料や調味料が伸びた一般食品が2ケタ増。生鮮食品は前年並み。青果は野菜が好調なものの、中元ギフトの桃が伸びず全体では微増止まり。8月は102%を目指す。

アリオ1%増も伸び悩み

 専門店 岡山一番街(岡山市)は水面下。上旬まで比較的好調だったものの、台風の影響で半日休業した17日以降苦戦。8月以降、プレミアム商品券の利用で高額商品が動いている。

 アリオ倉敷(倉敷市)は1%増。衣料は今春の改装効果で2ケタ増。住居関連は家電が好調で5%増。今春に改装した割に食物販と飲食が苦戦しており、伸び悩んでいる。8月は108%を目指す。31日まで倉敷市プレミアム商品券での買い物客対象に、割引などを実施中。

 三井アウトレットパーク倉敷(倉敷市)は水面下。昨年春に人気テナントを導入した反動で、ファッション関連中心に苦戦。スポーツウエア、アウトドア関連は堅調。8月は前年クリアを目指す。

本誌:2015年8.24号 24ページ

PAGETOP