WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル岡山県お魚普及協会

恒例のお魚料理教室に親子57人参加

  • 魚の消費拡大に期待

 岡山県お魚普及協会(会長・同前裕一朗岡山中央魚市㈱社長)は8月5日、岡山ふれあいセンターで夏休み親子お魚料理教室を開いた。

 小学生の親子24組57人が参加。母親らが見守る中、子どもたちが慣れない手つきで包丁を扱い、シーフードカレーと生タコのカルパッチョの調理に挑戦した。

 同協会は岡山市中央卸売市場に入居する元卸、仲卸、売買参加者らで構成。魚の消費拡大と親子の触れ合い促進を図る機会として毎年実施しており23回目。

本誌:2015年8.24号 22ページ

PAGETOP