WEB VISION OKAYAMA

話題RSK山陽放送

「世界陸上」8月22日開幕 天満屋勢の活躍に期待

  • (左から)小原怜選手、重友梨佐選手

 RSK山陽放送(岡山市)は、8月22~30日、陸上の祭典「世界陸上2015北京」を放送する。

 2大会連続3冠を狙う人類最速の超人ウサイン・ボルト(ジャマイカ)、“復活の超人”ジャスティン・ガトリン(アメリカ)、女子スプリント最強の超人シェリー・アン・フレーザー・プライス(ジャマイカ)ら、今回も数々の超人たちのドラマが繰り広げられる。

 日本人選手では、17歳以下で争われる世界ユースで男子短距離2冠に輝いたサニブラウン・ハキーム(城西大学附属城西高校)、男子20㎞競歩の世界記録保持者鈴木雄介(富士通)、日本女子短距離界の女王・福島千里(北海道ハイテクAC)らの活躍が期待される。

 また、地元・天満屋から8月24日放送の女子1万mに小原怜(倉敷市出身、興譲館高校出)、同30日放送の女子マラソンには重友梨佐(備前市出身、同)がW出場する。

本誌:2015年8.24号 8ページ

PAGETOP