WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルカワニシHD

新社長に前島洋平氏 高井社長は副会長へ

  • 前島洋平氏

 ㈱カワニシホールディングス(岡山市北区下石井1-1-3、資本金6億775万円)は、前島洋平取締役が代表取締役社長に就き、高井平社長が取締役副会長に就任する人事を内定した。9月17日開催の定時株主総会、取締役会で正式決定する。

 20年以上岡山大学医学部付属病院などに勤務した洋平氏の経験と人脈を生かし、新たな事業展開を図るのが狙い。洋平氏は岡山市出身。1991年、岡山大学医学部を卒業し、医師免許取得。同大学大学院医歯薬学総合研究科教授などを経て、昨年9月同社取締役に就任した。前島智征会長の長男。48歳。

設備・備品落ち込み減収

 ㈱カワニシホールディングス(岡山市)は8月10日、減収減益の2015年6月期連結決算を発表した。

 売り上げの82%を占める医療器材事業が前期比3.7%減。消耗品は新規開拓が功を奏し同5.0%増だったが、CTやMRIなど大型画像診断機器の受注が低調な設備・備品が同35.0%減。11期ぶりの減収となった。

 利益面では、SPD(物流管理システム)事業で大型施設を含めた5施設と新規契約したものの、開発費などの初期費用がかさみ同30.5%減。2期連続の減益。

 次期の業績予想は売上高1030億2000万円、経常利益6億8800万円、当期利益3億6900万円。

 社長を除く役員人事では山本充顧問が取締役に就任。野瀬洋輔副会長が顧問に退く。いずれも9月17日付。

売上高 945億1500万円(前期比2.7%減)
経常利益 6億6200万円(同56.4%減)
当期利益 4億500万円(同50.4%減)

本誌:2015年8.24号 16ページ

PAGETOP