WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル日本銀行岡山支店

景況判断は据え置き 工作機械で下方修正

 日本銀行岡山支店(福地慶太支店長)はこのほど、6月を中心にした岡山県金融経済動向を発表した。個人消費は底堅く推移したほか、設備投資、住宅投資も持ち直しているが、輸出が弱含んでいることもあり、県内景気は「緩やかな回復を続けている」とし、判断を据え置いた。

 百貨店・スーパー売上高は時計、宝飾品など高額品などが好調で持ち直している。乗用車販売も新型車の販売が好調だった。主要製造業の生産動向では、石油化学で大規模定期修理の終了に伴い、生産水準が上昇している。工作機械では、中国を中心にしたアジア向けで勢いが鈍化しており判断を下方修正した。

PAGETOP