WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルトンボ

料理家栗原さんと提携 介護ユニホームを開発

  • 普段着に近い介護ユニホーム

 学生服メーカーの㈱トンボ(岡山市北区厚生町2-2-9、近藤知之社長、資本金2億6000万円)は、料理家の栗原はるみさんと提携し介護ユニホームを共同開発、9月に発売する。

 「キラク」ブランドで福祉施設内の職員、被介護者向けに販売。今後増加が見込まれる訪問介護の職員向けに家庭的なイメージの栗原さんを起用、普段着に近い商品にした。

 シャツ、エプロン、かっぽう着、パンツなど21点。ストレッチ素材など採用し伸縮性に優れ作業しやすくしたほか、大量にまとめて洗う業務用洗濯でも色落ちしないように仕上げた。シャツ5200円~、エプロン4600円~。

 美咲工場(美咲町)を中心に国内で生産。売上高は初年度に1億円、5年後に10億円を目指す。

PAGETOP