WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルJR西日本岡山支社

10月1日に北長瀬駅開業 周辺地域の活性化拠点に

  • 10月1日に開業する北長瀬駅

 西日本旅客鉄道(株)岡山支社(岡山市駅前町2-1-7、西川直輝支社長)は、このほど、JR山陽本線の北長瀬駅(岡山市北長瀬88-12)を10月1日から開業すると発表した。

 新駅は岡山-庭瀬間に位置し岡山駅まで約4分。橋上駅(約890平方メートル)で、駅の南北を通路(約57m)で結ぶ。エレベーターや多目的トイレも設置され、バリアフリー対応設計となっている。山陽・伯備両線全ての普通列車が停車し(上下線計193本)1日約1700人の乗降者数を見込んでいる。
 
 昨年10月に着工し建設費は岡山市が全額負担した(約9億円)。県内の新駅開設は山陽本線上道駅以来18年ぶり。

PAGETOP