WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル岡文館印刷所

県下の印刷業界でははじめてISMS認証取得

 (株)岡文館印刷所(岡山市長岡4-47、岡部錦一郎社長、資本金3000万円)は、8月1日付で、ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の認証を取得した。岡山県内の印刷業界としては初めての取得となる。

 このシステムは、顧客情報や社内情報、また顧客から預かっている個人情報など、会社内にあるあらゆる情報を、安全確実に管理運営するためのもの。

 特に、印刷業界とすれば、正確に管理し漏らしてはならない顧客の個人情報を多く抱えていることから、体制整備を図ろうと、昨年秋口から取り組みをスタートしていた。社内に事務局を立ち上げ、メンバー10人程度で検討を始め、今春作業を終え同5月に予備審査を受け、8月1日に登録を完了した。

 審査機関は、ビーエスアイジャパン(株)(東京)、コンサルタントは、地元の(株)マネジメント(宮本誠一社長)。最近注目されている「プライバシー(P)マーク」と比べると、Pマークが個人情報に特化していることに対し、ISMS規格の方は情報そのものを個人情報も含めてより包括的に管理運用する内容となっているのが特色。ISO規格で言えばISO17799に匹敵する。

 同社では「取得作業を通じて社員の意識も変わってきた。このシステムをきちっとトータルに管理し、更に向上させ、顧客の信頼に応えて行きたい」(岡部社長)と意欲を見せている。

本誌:2005年8.21号 14ページ

PAGETOP