WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル滝沢鉄工所

業績予想を上方修正 高水準の受注持続

 (株)滝沢鉄工所(岡山市)は、このほど、18年3月期決算と同中間決算の業績予想を上方修正した。

 単体の中間決算では、売上高70億7700万円(期首予想67億2900万円)、経常利益9億4100万円(同7億500万円)、中間利益6億9700万円(同6億2700万円)。通期決算では、売上高142億700万円(同138億5800万円)、経常利益17億4400万円(同15億900万円)、当期利益13億6900万円(同11億1900万円)。

 連結の中間決算では、売上高105億3100万円(同103億500万円)、経常利益13億3100万円(同11億4200万円)、中間利益9億1600万円(同7億6300万円)。通期決算では、売上高211億5400万円(同209億2800万円)、経常利益25億3900万円(同23億5000万円)、当期利益16億3900万円(同14億400万円)。

 工作機械の受注増に対応し生産性が向上し、予想を上回る売上高が見込めるため、上方修正したもの。

PAGETOP