WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル倉敷市立精思高校

エコノミクス甲子園優勝 参加全チーム決勝進出も

  • 優勝トロフィー贈呈式

 昨年12月17日に中国銀行本店で開かれた全国高校生金融経済クイズ選手権「エコノミクス甲子園」岡山大会で、定時制の倉敷市立精思高校(寺岡直樹校長)のチーム(佐々木永遠君、三宅健太君)が3回目の優勝を果たした。

 金融の知識を学んでもらおうと用語や計算問題などをクイズ形式で問うもの。全国大会の予選でもあり、12回目の今回は県内から15校41チームが参加した。

定時制で、仕事との両立に追われる参加生徒の学習を学校側が全面的に支援。生徒は専用テキストのほか、担当教諭が新聞記事などを参考に独自に作成した教材を使って学習し、早押し用のボタンも用意し実戦形式での練習も行った。各地で同様の地方大会が開かれているが、定時制高校の優勝は同校のみ。同校からはほかに2チームが参加し、いずれも上位6校による決勝に進出を果たした。同大会は㈱中国銀行、NPO法人金融知力普及協会の共催。全国大会は2月18日に東京で開かれる。

PAGETOP