WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル中国銀行

指名報酬委員会を設置 ガバナンス機能強化へ

 ㈱中国銀行(岡山市北区丸の内1-15-20、宮長雅人頭取、資本金151億4900万円)は、昨年12月22日、コーポレートガバナンス強化のため、取締役会の諮問機関として任意の「指名報酬委員会」を設置した。

 委員会は宮長頭取、青山肇専務のほか、佐藤芳郎氏ら3人の社外取締役で構成。取締役の指名、報酬について従来は社外を含む全取締役に事前に議案を開示してきたが、さらに社外を中心とした同委員会から助言を得ることで、より透明性、公平性を高める。

本誌:2018年1.22号 13ページ
関連リンク:中国銀行

PAGETOP