WEB VISION OKAYAMA

話題日本カバヤ・オハヨーホールディングス

野津喬会長お別れの会 政財界から2100人参列

  • 故人を偲ぶ参列者

 昨年11月24日に死去した日本カバヤ・オハヨーホールディングス㈱会長野津喬氏の社葬・お別れの会が同12月20日、岡山国際ホテルで開かれ、池田厚子さんをはじめ政財界から約2100人が参列した。

 葬儀委員長の岡崎彬岡山県商工会議所連合会長が「日本青年会議所会頭を務め、経営者として強力なリーダーシップのもとさまざまな改革や創造に取り組んだ」と功績をたたえ、安藤喬同社副社長が「深い悲しみを乗り越え決意を新たに社員一同さらなる躍進を報告することを誓う」と社員を代表して哀悼の意を表した。

 参列者は白いバラの花を献花。別室には足跡をたどる写真パネルが展示され、参列者は在りし日に思いをはせていた。野津基弘社長は「大勢の皆様に見送っていただく父を誇りに思う」と謝辞を述べた。

 野津氏はオハヨー乳業㈱、カバヤ食品㈱、エス・バイ・エル・カバヤ㈱(現ライフデザイン・カバヤ㈱)などカバヤ・オハヨーグループ各社の社長、(学)三友学園理事長などを歴任。1985年度には(公社)日本青年会議所会頭を務めるなど人づくりに情熱を注いだほか、(公社)日本食品衛生協会理事などの公職を通じ業界の発展にも尽力した。

本誌:2018年1.22号 9ページ

PAGETOP