WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル(社)日本自動車販売協会連合会岡山県支部

国産車200台展示の大商談会 2日間で来場者2.5万人

  • 成約台数は300台上回る

 (社)日本自動車販売協会連合会岡山県支部(岡山市)は10月8、9の両日、岡山市大内田675のコンベックス岡山で全国産車メーカーが参加した新車大商談会「カーコロシアム2005」を開催した。

 会場にはトヨタ、日産、ホンダなどメーカーごとにブースが設けられ、200台を展示。三菱は10月17日発売の新型SUV「アウトランダー」の試作品を披露、来場者の関心を集めていた。

 会場では、車両の展示販売のほか、搾乳体験、皿まわしなどのイベントやラーメン、ピザなどの人気料理店が出店した飲食コーナーといった集客に向けた催しが充実。両日で2万5705人が参加、成約台数は300台を上回った。

本誌:2005年10.17号 17ページ

PAGETOP